FC2ブログ
Yahoo!ブックマークに登録
2013-07-25(Thu)

ドクターショールの凝ったバイオメカニクス フルインソールタイプ

中敷 インソール 調整 大きい靴 小さい靴 アドバイス 3E 靴クリーム ぶかぶか 靴 幅広 甲高 靴屋 子供 婦人 紳士 合わない 販売員 履きやすい サイズ 幅伸ばし 試し履き 手入れ プロ シューフィッター 
中敷で調整です。

ドクターショールが凝ったインソールを販売しています。

かなりの能書きがあります。

ドクターショールのような有名なブランドが作れば説得力があります。

商品紹介

バイオメカニクスは矯正装具をベースに開発された汎用型インソール。

生体力学的に設計された独自の形状により、かかとの内側部分の骨を適正に持ち上げ

整った足首の位置をサポートすることで、足元の健康をサポートします。

歩行のメカニズム:自然で健康な足跡には、実に複雑な凹凸があります。

それは、二足歩行をするための重要な構造として、人類が進化の過程で獲得した、

3つのアーチによるものです。

通常、歩行時には、かかと、足の外側、つま先の順に接地し、

足裏のアーチによって歩行時の衝撃を吸収します。

この時足首では、内側に倒れ込む「回内」と呼ばれる現象が起き、

足裏のアーチが受けるショックをやわらげているのです。

かつて人類が土の地面を裸足で歩いていた頃には、

足裏の外側が、内側に比べて深く沈みこむとで、

「回内」は適度な範囲に抑えられていました。

ところが、靴を履き、硬い地面を歩く現代の生活では、

足は地面に沈み込まず、足の外側は強い衝撃を受けるため、

足首が大きく内側に倒れる、過度の「回内」が起こります。

この足首の内向きのねじれが、

歩くたびにかかと、ひざ、足首の関節に負担をかけ、

その積み重ねが足元の健康に影響を及ぼします。

人体の骨格は複雑に筋肉と連動して、全身のバランスを取っています。

過度の足首への負担を軽減することが、整った骨格を維持するために大切なのです。



バイオメカニクス フルインソールタイプ M (25.5-26.5cm)バイオメカニクス フルインソールタイプ M (25.5-26.5cm)
(2010/12/12)
Dr.Scholl(ドクターショール)

商品詳細を見る


アマゾンの靴サイトだから安心です。


クリックお願いいたします。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

アマゾン

スポンサードリンク
カテゴリ
調整用、ビルケンシュトック
こんにちは。
最新記事
ナイキ
スポンサードリンク
ソルボ(衝撃吸収)
シダスインソール
ブログ村
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR